株式投資を攻略するなら知っておきたい「機関投資家の投資手法」が
学べる電子書籍を今なら無料プレゼント

日本株市場の支配者たちは、こう銘柄を選ぶ
機関投資家の売買ルール

無料電子書籍【2021年最新版】

今スグ無料で受取る

※本書籍は、機関投資家の立ち位置や投資手法について解説している書籍であり、相場や個別銘柄の未来予測ではありません。また、本書籍に記載された内容の再現性や株式投資の成果を保証するものではありません。

この書籍で学べること

例えば、アベノミクスの際、日本最大の機関投資家である「日銀」が6兆円、2020年には最大12兆円分の株を購入することが広く報道されました。ここまでは誰でも知り得る話ですが、ただ知っているだけでは「具体的にどの銘柄が買われるか」まで予測することは出来ません。

しかし、実は日銀に限らず、機関投資家には「投資銘柄を選ぶ際のルール」があり、そのルールさえ知っていれば、購入されるであろう銘柄をある程度絞り込むことができるのです。

この時点で、「機関投資家の銘柄選定ルール」を知っている方と知らない方ではトレード結果に大きな差が出るケースがあることはご理解頂けたかと思います。

そして、機関投資家の銘柄選定ルールを「法則」としてまとめたのが本書です。

日本株市場で支配力を持つ
“機関投資家”の
動きを理解して相場攻略のヒントを得る

それが本書を読むことで得られる
大きなメリットです

今なら無料プレゼント中!

日本株市場の支配者たちは、こう銘柄を選ぶ
機関投資家の売買ルール

無料電子書籍【2021年最新版】

今スグ無料で受取る

※本書籍は、機関投資家の立ち位置や投資手法について解説している書籍であり、相場や個別銘柄の未来予測ではありません。また、本書籍に記載された内容の再現性や株式投資の成果を保証するものではありません。

そもそも、機関投資家って?

日本株市場の売買代金の9割は
機関投資家がシェア
つまり、機関投資家は市場での
支配力を持っていると言えます。

機関投資家には国内の資本と海外の資本のものがあり、多くは顧客から預かった巨額の資金を運用する金融機関や保険会社のことを言います。

分かりやすい例としては、私達が加入している国民年金も、GPIFという機関投資家によって年金積立金の運用が行われています。

このGPIFが保有している運用資産は実に170兆円。世界の年金基金の中でも圧倒的な巨額を運用し、世界最大の機関投資家と呼ばれているのです。

また、日本株市場で売買をしている海外のヘッジファンドや年金基金、いわゆる海外投資家の存在も見逃せません。海外投資家の存在感は極めて強く、東証1部の売買代金の実に7割以上を彼らが占めているというデータもあるほどです。

これに他の機関投資家を加えると、東証1部に限らず日本株市場全体の売買代金シェアの9割は機関投資家の資金によるものです。
そして当然彼らは株式投資で利益を出すことを仕事としております。

もし彼らが選ぶ銘柄が先読みできて先に仕込む事ができれば、投資で資産形成する目標に一歩近づけるかも知れません。

機関投資家の巨額資金は
日経平均をも動かす破壊力

機関投資家の「買い」によって株価が
大きく動いた事例が多数ある

日本株市場に流れるお金の9割は機関投資家の資金なのですから当然と言えば当然ですが、ひとたび機関投資家が資金を株式市場に投じれば、日経平均が大きく動くことは珍しくありません。
事実、機関投資家の資金の影響で、時価総額1兆円超えの大企業がたった数年で5倍、10倍になった事例がたくさん存在します。

日銀およびGPIFの運用変更に
伴い2013年から8年間で

【9983】ファーストリテイリング

安値
:14,050円
高値
:110,500円
株価
:7.8倍

※上記銘柄は、あくまで機関投資家の資金によって高騰した銘柄の一例です。本書に記載された内容の再現性や株式投資の成功を保証するものではありません。

【6146】ディスコ

安値
:4,640円
高値
:34,900円
株価
:7.5倍

※上記銘柄は、あくまで機関投資家の資金によって高騰した銘柄の一例です。本書に記載された内容の再現性や株式投資の成功を保証するものではありません。

【3038】神戸物産

安値
:66円
高値
:3,640円
株価
:55倍

※上記銘柄は、あくまで機関投資家の資金によって高騰した銘柄の一例です。本書に記載された内容の再現性や株式投資の成功を保証するものではありません。

日本を代表する大型株の1つである
ファーストリテイリングでも
日銀の資金ひとつでトレンドが変わる。
それほど「機関投資家の資金」は
影響力があるのです。

また直近では、ウォーレンバフェット率いるバークシャーハサウェイの「買い」で日本の商社株がたった半年で1.5倍に高騰した事例もあります。

2020年8月に日本の5大商社株(伊藤忠、三菱商事、三井物産、住友商事、丸紅)をなんと5%を上回る比率まで取得。この影響により5社の株価は一時前週末比6%高以上に急伸。その後一度値下がりしましたが2021年3月現在株価はそれぞれ1.5倍に高騰しています。

公的でない私的な機関投資家の資金力や影響力が如何に大きいかがわかる良い例だと言えるでしょう。

ウォーレンバフェットの「買い」を
きっかけに日本商社株が高騰!

【8001】伊藤忠

安値
:2,573円
高値
:3,558円
株価
:1.38倍

※上記銘柄は、あくまで機関投資家の資金によって高騰した銘柄の一例です。本書に記載された内容の再現性や株式投資の成功を保証するものではありません。

【8031】三井物産

安値
:1,594円
高値
:2,381円
株価
:1.49倍

※上記銘柄は、あくまで機関投資家の資金によって高騰した銘柄の一例です。本書に記載された内容の再現性や株式投資の成功を保証するものではありません。

【8058】三菱商事

安値
:2,124円
高値
:3,237円
株価
:1.52倍

※上記銘柄は、あくまで機関投資家の資金によって高騰した銘柄の一例です。本書に記載された内容の再現性や株式投資の成功を保証するものではありません。

機関投資家の資金によって
株価が上昇した事例が多数。
つまり、彼らが仕込む銘柄を
先読みすることは
相場攻略の重要なヒントとなり得るのです。

そして、機関投資家が選ぶ
投資銘柄には
「あるルール」が存在します。

あなたも「あるルール」さえ
知ってさえいれば
日銀がファーストリテイリングを
買うことを
事前に予測できたかも知れません。

アベノミクスが始まり、日銀のETF買いが始まったとき、実はあなたも日銀より先にファーストリテイリングに投資するチャンスは合ったのです。

というのも… 日銀から発表された内容は「日経225連動型 ETF」と「TOPIX連動型ETF」を買うというものでした。 この発表を「あるルール」に則って紐解くと、時価総額のわりに日経225寄与度が高いファーストリテイリングを大量に買うことが容易に予想できたのです。

2021年現在、日銀点検によりこのルールは変わってしまいましたが、まだ日銀が銘柄選定する際のルールは存在します。このルールを知るだけで巨大機関投資家である日銀が買う前にあなたが仕込むことも当然出来る場合もあります。

先ほどのバークシャーハサウェイの件でも、購買後数日後にバフェットが公表していました。その後一時バフェットの購買価格より下がりました。その時買えていれば当然、投資の神様バフェットより大きく利益を出せて、仮に損した場合でもバフェットより少ない損ですむわけです。

ここまでは有名な機関投資家の例だけあげましたが、世の中には他にもたくさん機関投資家がいます。 そして、各自それぞれの売買ルールが存在しますし、銘柄選定方法が存在するのです。

本書ではいくつかの例をあげて、機関投資家の傾向やクセをご紹介します。 ファストリのように数年かけて10倍になった銘柄もあれば短期で数倍になった銘柄もあります。 株式投資で利益を出すことを課せられた彼らの売買ルールを学習して、資産形成に役立てましょう。

今なら無料プレゼント中!

日本株市場の支配者たちは、こう銘柄を選ぶ
機関投資家の売買ルール

無料電子書籍【2021年最新版】

今スグ無料で受取る

※本書籍は、機関投資家の立ち位置や投資手法について解説している書籍であり、相場や個別銘柄の未来予測ではありません。また、本書籍に記載された内容の再現性や株式投資の成果を保証するものではありません。

電子書籍版
「機関投資家の投資手法」を
読んだ方たちの感想

投資目的やスタイルを問わず、
幅広い年代の方々から
ご好評頂いています。

  • Y.Mさん 50代/男性
  • 目からウロコとはこの事か。私のような資金の少ない弱小個人でも、大手機関がどう動くか、資金の流れを意識して銘柄を選ぶことで今までとは全く次元の違う投資が出来ている実感がある。この書籍と出会えて良かった。

※購読者ご本人に許諾を得た上で掲載しております。
あくまで個人の感想であり、本書籍の再現性や株式投資の成果を保証するものではありません。

  • S.Oさん 80代/女性
  • 証券会社の人に言われるがまま売買してきて、損得ほとんどありませんでした。この本を読んで証券会社の人が教えてくれる銘柄を絞り込み投資が出来ています。

※購読者ご本人に許諾を得た上で掲載しております。
あくまで個人の感想であり、本書籍の再現性や株式投資の成果を保証するものではありません。

  • M.Kさん 30代/男性
  • 銘柄選定に非常に時間がかかっていて、更にあまり利益になっていないというとても無駄なことをしていました。とてもかんたんなルールですが、知るだけで選定の時間を端折ることが出来ました。 おかげで結構スムーズに株式投資ができるようになりました。

※購読者ご本人に許諾を得た上で掲載しております。
あくまで個人の感想であり、本書籍の再現性や株式投資の成果を保証するものではありません。

ユーザーアンケートにより、
このように評価されています!

94%以上の方々が
「理解しやすく役だった」または
「理解できた」と回答。
次はあなたが本書の魅力をご体感下さい!

今なら無料プレゼント中!

日本株市場の支配者たちは、こう銘柄を選ぶ
機関投資家の売買ルール

無料電子書籍【2021年最新版】

今スグ無料で受取る

※本書籍は、機関投資家の立ち位置や投資手法について解説している書籍であり、相場や個別銘柄の未来予測ではありません。また、本書籍に記載された内容の再現性や株式投資の成果を保証するものではありません。

私達のサービス一覧

本書籍は無料でご提供しております。

日本株市場の支配者たちは、こう銘柄を選ぶ
機関投資家の売買ルール

無料電子書籍【2021年最新版】

企業レポート

小規模M&A、物件購入の際における取引先や企業の見えないリスクや与信調査など専門家である弊社がデューデリジェンスを代行しレポーティングします。

1レポートにつき¥5,000~

学習教材

私達は、個人投資家が株式投資を行う際にすべき作業を「情報と分析」と考えています。
投資家のレベルに合わせて、上記2要素について学習できる教材の企画・開発・販売を行っています。

無料~¥37,500

セミナー

過去チャートなどの実例を用いたケーススタディなど、教材だけではカバーしきれない、より実践的な領域にフォーカスをあてた株式投資セミナーを実施しています。

ご参加費用¥5,000~

お客様相談室

ご不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせ下さい。

日本株市場の支配者たちは、こう銘柄を選ぶ
機関投資家の売買ルール

無料電子書籍【2021年最新版】

本書では、機関投資家が銘柄選定する際のルールや
動き方、売買手法などを詳しく解説。
個人投資家の皆様にとって、
「相場攻略のヒント」となるよう執筆されました。

以下の手順で無料でお受け取りが可能です。

※本書籍のダウンロードに費用は一切かかりません。

※本書籍は、機関投資家の立ち位置や投資手法について解説している書籍であり、相場や個別銘柄の未来予測ではありません。また、本書籍に記載された内容の再現性や株式投資の成果を保証するものではありません。